サカつく2013攻略サイト

ball  育成や経営で重視すべきは  ball

クラブはどのリーグを選ぶべきか

Jリーグは、欧州リーグに比べて勝ちやすいです。監督経験も順調にためられるので、まずはJ2から始めることをおすすめします。本格的に育成をするなら、メガクラブとの友好度を高めやすい欧州リーグが有利です。特に、外国人枠のないドイツとオランダがおすすめです。

プロモーション費用は多めか少なめか

プロモーションを行うほど、観客動員数が増えていきます。プロモーション費用くらいすぐに回収できますので、予算1億はかけた方が良いです。しかも、プロモーションの結果で監督経験も得られます。

予算をかけるならスタジアムか選手か

序盤にある程度の質の選手を数人獲得したら、スタジアム建設にお金をかけると良いです。秘蔵っ子練習、キャンプ、期限付き移籍などは、当分の間、最小限の出費に抑えた方が良いです。

人件費をかけるなら選手かスタッフか

スカウトの中には、年俸交渉で有利になるアビリティを持っている人物がいます。本格的に選手を集める前に、まずはスカウトにお金をかけると良いです。ポリシーの広いコーチも、選手よりも優先順位は高いです。

高い選手と獲るべきか安い選手を覚醒させるべきか

覚醒にはお金がかかるので、低い能力の選手を覚醒させるくらいなら、ある程度高い能力の選手を獲った方がお得です。個人的には、「世界でも通用する能力」以上の選手しか覚醒の対象としません。また、能力覚醒の回数には限界がありますので、本格的に最強を目指す段階になったら、「世界屈指の素質」以上の選手を集めることを目標とすると良いです。

戦術は攻撃的か守備的か

試合後の監督経験には、得点やシュート数が関係します。勝つことが第一ですが、どうせ勝つなら攻撃的な方が監督の育成に有利です。

戦術はポゼッションか速攻か

試合後の監督経験には、支配率が関係します。ポゼッションが高い方が監督の育成に有利です。

試合指示は攻撃的か守備的か

試合後の監督経験には、得点、シュート数、支配率が関係します。試合指示も、攻撃的な方が監督の育成に有利です。おすすめは、「ポゼッションで崩せ」と「中央突破で崩せ」です。

休養は多めか少なめか

怪我、過労、コンディションなどは、試合の結果にも大きく影響しますし、監督経験にも影響します。自動休養の設定を利用して、疲れたらすぐ休むようにすると良いです。

控えを出すならホームかアウェーか

サポーター数は、ホーム試合の結果で増減しますので、ホームでは何としても勝たなければなりません。育成重視で若手を使いたい時などは、アウェーの方がおすすめです。

スカウトはリストアップか若手発掘か

現役選手を探すリストアップは、低予算でもそこそこの選手を見つけられます。ユース選手を探す若手発掘は、良い選手を若い時から育成できますが、どんな選手が見つかるかは運による部分が大きいです。選手検索は、目当ての選手をピンポイントで見つけられますが、お金はかかります。

序盤はリストアップ、中盤は選手検索、終盤は若手発掘がおすすめです。

サカつく2013の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

海外クラブ所属日本人選手

よく分かるシステム解説

育成や経営で重視すべきは

プロモーション大成功条件

選手の評価と成長

おすすめ監督アビリティ

おすすめコーチ

重要な特徴とその所有者

おすすめ神候補選手

おすすめ日本人選手

プレースタイル別スキル

最強プレースタイル取得計画

プレースタイル対応表

最強チームカラー

交渉テクニック

スタジアム施設の攻略法

全体練習とクラブハウス施設

エディット選手攻略法

若手発掘とユース育成

序盤の攻略法

中盤の攻略法

最強フォーメーションは何?

小技・裏技集

管理人のプレイ日記

ブラジルW杯メンバー

攻略予定の新作ゲーム