サカつく2013攻略サイト

ball  全体練習とクラブハウス施設  ball

全体練習の効果を最大に高めるための組み合わせについてご紹介します。内容が少し難しいので、実際にゲームで確認しながら読み進めることをおすすめします。それでも難しい方は、後半部分に設置例を載せておきましたので、そちらをご覧ください。

全体練習のシステム

全体練習には7つの方針があり、各方針には8つの練習メニューがあります。各練習メニューは、オフェンス、ディフェンス、テクニック、フィジカル、戦術(タクティクス)、メンタルの何れかに分類でき、方針に沿った練習メニューが3つ、それ以外が1つずつ入っています。

監督(コーチ)アビリティとクラブハウス施設で全体練習の効果を上げることができるのですが、その効果は該当する練習メニュー毎に反映されます。練習メニューの右に表示された赤アイコンが監督アビリティの効果で、青アイコンが施設の効果です。

練習メニューの下に表示された棒グラフが効果なのですが、赤や青のアイコン1つでメモリ2つ分くらい効果が増します。例えば、クラブハウス施設で「室内練習場」を建てた場合、オフェンスメニューが3つある攻撃強化重視の方針だとオフェンスが6メモリくらい増加しますが、その他の方針なら2メモリくらいしか増えません。

これは深く考えないでも良いことですが、監督アビリティもクラブハウス施設もない状態で攻撃強化重視と守備強化重視を見比べると、攻撃強化重視の方が育成効果が若干高いことが分かるはずです。フィジカル強化重視と戦術強化重視も、守備強化重視と同様に育成効果が若干低めです。

全体練習に影響する監督アビリティ

全体練習の効果を上げるには、関連する監督アビリティも知っておいた方が良いです。監督アビリティでアイコン2つ分上げて、施設でもう1つ上げるのが理想です。

        アイコン1つ分     アイコン2つ分
オフェンス   テクニコLv9      オールラウンドLv9
ディフェンス  テクニコLv1      マエストロLv2
テクニック   セラピストLv7     マエストロLv3
フィジカル   テクニコLv2      マエストロLv4
タクティクス  テクニコLv3      マエストロ固有Lv7
メンタル    テクニコLv4      マエストロLv10
連携      経営コンサルタントLv3 マエストロ固有Lv5
休養      経営コンサルタントLv1

全体練習の効果を上げる組み合わせ

考え方としては、監督アビリティで最も育った練習メニューを方針に選び、その方針で重視されたメニューのアイコンが3つになるようクラブハウス施設を建設します。これが練習効果を最も高める組み合わせです。

監督スタイルの経験順序にもよるのですが、たいていの場合、「オールラウンドLv9」で取得した「超積極的な攻撃指導力」の効果で、オフェンスの指導が得意な監督に育っているはずです。オフェンス系練習メニューに赤アイコンが2つ付いているなら、クラブハウス施設でオフェンスを1つ上げることで、攻撃強化重視が非常に育成に適した全体練習になります。まだまだクラブハウス施設にスペースがありますので、省スペースのフィジカルとメンタルの施設も建てます。必要スペースの多いディフェンス系施設は諦めて、キャンプで弱点部分を育成します。

クラブハウスLv3になり、マエストロもマスターできたら、ほとんどの全体練習で最高の育成効果になります。時々全体練習を切り替えることで、さらにバランスよく育成できます。

クラブハウスLv1

最初のクラブハウスで、スペースは10あります。オフェンスなどの施設は、クラブハウスLv2になってからの方が省スペースで建てられます。ユース関連は急いで建てる必要はないので、開始時に設置済みの施設があったら、それを残しておくと良いです。

施設名           枠 効果     設置条件
第1練習場         2 全体小アップ 設置済み
第1練習場 芝設置     0 疲労軽減   なし
マッサージルーム      2 休養     なし
酸素カプセルルーム     1 休養×2   マッサージルーム
ユース室内練習場      2 ユース    なし
ユース専用トレーニングジム 1 ユース×2  ユース室内練習場

クラブハウスLv2

スペースは14あります。建設条件はありません。全体練習の効果も上がって、いよいよ本格的な育成が可能となります。クラブハウスLv3の建設条件は厳しいので、メガクラブに移籍しない限り、この状態で長期間戦うことになります。

施設名           枠 効果     設置条件
第1練習場         2 全体小アップ 設置済み
第1練習場 芝設置     0 疲労軽減   なし
マッサージルーム      2 休養     なし
酸素カプセルルーム     1 休養×2   マッサージルーム
ユース室内練習場      2 ユース    なし
ユース専用トレーニングジム 1 ユース×2  ユース室内練習場
第2練習場         2 全体小アップ クラブハウスLv2
第2練習場 芝設置     0 疲労軽減   第2練習場
オフェンス指導室      2 オフェンス  クラブハウスLv2
加圧トレーニングルーム   1 フィジカル  クラブハウスLv2
アロマテラピールーム    1 メンタル   クラブハウスLv2

クラブハウスLv3

スペースは20あります。建設条件は世界クラブランキング10位以内です。監督スタイルのマエストロもマスターできたら、守備強化練習やフィジカル強化練習に時々切り替えることで、バランスよく育成できます。

施設名           枠 効果     設置条件
第1練習場         2 全体小アップ 設置済み
第1練習場 芝設置     0 疲労軽減   なし
酸素カプセルルーム     1 休養×2   マッサージルーム
ユース室内練習場      2 ユース    なし
ユース専用トレーニングジム 1 ユース×2  ユース室内練習場
第2練習場         2 全体小アップ クラブハウスLv2
第2練習場 芝設置     0 疲労軽減   第2練習場
オフェンス指導室      2 オフェンス  クラブハウスLv2
加圧トレーニングルーム   1 フィジカル  クラブハウスLv2
アロマテラピールーム    1 メンタル   クラブハウスLv2
第3練習場         2 全体小アップ クラブハウスLv3
第3練習場 芝設置     0 疲労軽減   第3練習場
ディフェンス指導室     2 ディフェンス クラブハウスLv2
テクニック研究室      2 テクニック  クラブハウスLv2
遊技室           1 連携     娯楽室
戦術研究室         1 タクティクス クラブハウスLv2

建て替え
 マッサージルーム → テクニック研究室
 娯楽室 → 遊技室

サカつく2013の攻略内容

批評(レビュー)

みんなの評価

海外クラブ所属日本人選手

よく分かるシステム解説

育成や経営で重視すべきは

プロモーション大成功条件

選手の評価と成長

おすすめ監督アビリティ

おすすめコーチ

重要な特徴とその所有者

おすすめ神候補選手

おすすめ日本人選手

プレースタイル別スキル

最強プレースタイル取得計画

プレースタイル対応表

最強チームカラー

交渉テクニック

スタジアム施設の攻略法

全体練習とクラブハウス施設

エディット選手攻略法

若手発掘とユース育成

序盤の攻略法

中盤の攻略法

最強フォーメーションは何?

小技・裏技集

管理人のプレイ日記

ブラジルW杯メンバー